大人だけじゃない!子供だってお金も何でも引き寄せをしています♪

子育て世代、特に初めての小さいお子さんがいらっしゃる方は

「子育て、これでいいのか?」と悩む方、多いですよね。

私も、長男が小さい時は、他の子よりも敏感でとても気を使いました。

また、子育てといえば「養育費」など「お金が心配」される方もいますよね。

この宇宙の「引き寄せ」「現実化」のパワーは、万人に与えられています。
宇宙の法則ですからね。

もちろん、うまれたての赤ちゃん、義務教育期間の子供だって大人と同じく「引き寄せ」をしているんです。
そもそもそうやって現実創っているから、当たり前なのですが。

心配性のお母さんほど、この子供が持つパワーを忘れてしまいます。

心配すると、人は心配のエネルギーをその人に送ってしまいます。
この心配のエネルギーって、実は送られた人にとって「重たさ」があります。

本当はもっとうまく動けることも、動けなくしてしまいます。

よくワークショップやセッションでお伝えしているのは、「心配」ではなく「信頼」に変えてあげましょう。ということです。

何故なら、子供はキチンと引き寄せているからです。

例えば、子供はおもちゃを欲しがります。

先日、次男が「透明のLaQ(ラキュー)が欲しい!」と訴えてきたんですね。

しかし、近所には売っていない商品なんですね。探しに行ったことがあったからです。
しかも、次男はほしいと思ったときに欲しい。

そんなとき「そっか~、手に入るとよいね~」としておきます。

だって、次男は引き寄せできるから。

その後、お昼は子供たちの希望でモスバーガー。
なんと、「透明のLaQ」でバーガーが作れるセットだったんです!

これはささやかな事例ですが、人間関係だって、学業だって、就職だって、悩んだりつまづいたりいろんなことがあるけど

「この子の成長に必要なことなんだ。これを乗り越えるには、どんな言葉をかけてあげられるかな?」と自分に問いかけて居ます。

一緒に考えたりもします。でも、いつも「きっと乗り越えられる。状況は変わる」と心で信じてあげると、あっという間に子供の悩みは解決に向かいます。

また、「お金」も引き寄せていると書きました。

養育にかかるお金も、子供も必要な分は「親」を通してキチンと引き寄せて居る。もちろん、貯金など大学にむけて必要最低限のこともそうだけど、子供に必要なお金が「親」を通してさらに引き寄せてきれるとしたら?

それって、子供の人数分+親の引き寄せが可能ってこと。

「この子に必要なお金は、この子が引き寄せて居る。だから、私はそのパイプを大きくしておきまーす!」と、もっと宇宙に間口を広げてほしいのです。

もちろん、豊かさは「親」からだけではありません!
宇宙は創造を超えた方法だってなんだってできます。

また進路に置いても、例えば志望校と違う学校にいった場合、世間は「失敗」などといいますが、どこにも「失敗」などありません。

あるのは、「経験」する必要がある学校、出会う必要がある「人」がいるからです。

「この子が必要な場所なんだな」と思ってあげることです。

私は一浪し、第二志望の大学に行きました。

しかし、この一浪したおかげで英語が大好きになり、アクセスでは外国人講師を読んだり仕事で活かせたし、第二志望だったおかげで量子力学や、今でも遊んでくれる友人たちに出会えた。(量子力学は単位落としたけど)

どこに何があるかなんて、本人にしか、しかも後になってからしか「あれは正解だった」なんてわからないものです。

これからという道に「失敗」だなんて、決めつけられないのです。

何度も書きますが、大事なのは「子供の人生力」を信じてあげることです。
親の思考の範疇には収まらないことなんて、当たり前です。

親子であっても、全く別の魂さんですから。
まったく違う前世の情報持っていますから。

しかし!!!

どうしても、親である「あなた」が「子供」の人生の選択を信頼できないとしたら

実は、「自分の選択に自信がない」からなんです!!!!(`・ω・´)キリッ!!!

そんな方は~~~!!!!

まず~~~~!!!

豊かさを引き寄せる目覚めのワークショップ

にぜひきて、まずはご自分の引き寄せに自信もっちゃいましょう!コツがあるんですよ~!
そして、お子さんにも「こうやって、引き寄せするんだよ~」って一緒に楽しみましょ!
次回は5/1 10:30~名古屋駅近辺です♪

セッションのご予約は公式LINE@からご連絡ください♪

公式LINE@友だち追加

お友達追加するとセッション1000円OFFクーポンプレゼント中!

LINEができない方は
お問い合わせフォームから♪


お客様のご感想はこちら


インスタ始めました♪
Follow Me

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします♪
 と ブログランキング・にほんブログ村へ