【元気の由来】元気がないは選択、本当はいつも「元気」

名古屋、オンラインヒーリングスクールSunBreathの古山まいこです!

今日は「元気」について

元気の由来

もともとは「減気」だったそうだが、そのうち勢いのある状態を表す「元気」と書くように変化しており、

中国の由来の天地の間にあって、万物生成の根本となる精気

元(もと)の気

の状態ということになっているのだ

元(もと)の気

私たちは、小さい単位で言えば素粒子

そして、素粒子をも構成しているすべてのエネルギー

といったり

といったり

ワンネス

といったり

創造主

といったり

まぁ、とにかくすべてを作っているエネルギーがあって、それを気という

私たちは、気(エネルギー)のあらゆる動きの結果である。

要するに、私たちは「元(もと)は気」なのだ

元気がないは錯覚

元気という状態を思い浮かべてほしいのだけど、

爽快で、快活な状態

これが、元の気の状態ということ

私たちは、その状態が『普通』なのだ

そして、気(エネルギー)は傷つけることも、減らすこともできない

唯一できるのが、「思考による勘違い」

『私は今、元気がない』

なのだ。。。

これ、ただの錯覚なのです。。!!!?!?!?!

そして、そう思い込むことを選択している。。ということ

どんな境遇でも、どんな状態でも

本来の気

元の気が自分にはいつもあることを知っていると

自体はものすごい早さで好転していくのだ。

今日は、ちょっと説明が難しかったので、理解できたでしょうか・・・。

これ書きながらも、めっちゃエネルギー上がってきたので

難しいかもしれないけど、めっちゃいい記事です!!

良かった♪と思われた方は、ぜひ応援お願いいたします^^
↓↓↓

ランキングに参加しています!
二つクリックすると、自動でエネルギーが送られます♪
 と にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

LINE追加

無料で学ぶヒーリング潜在能力が10倍になるヒーラー養成講座 序章 無料で学ぶヒーリング潜在能力が10倍になるヒーラー養成講座 序章