冗談のバカはあっても、人としてのバカはいない

名古屋、オンラインでヒーリングスクールSunBreathを主宰している古山まいこです!

バカとかあほ が会話の冗談とか、笑いとしての使い方はあっても、真に人の評価を表すことはできない。

例えば、義務教育期間で言うと

覚えが悪いことを一言でバカとはいえない

ただやる気がない
興味がない
恋煩いで集中できない
病などの別の問題を抱えている
もともと集中できない

など、成績が上がらない理由はあっても、真にバカ(あほ)はいない。

よくセッションで、成績が振るわずバカな子だといわれてきた人は、自己評価が低い。

しかし、人ってどんなに小さい時からでも、必要なものを勝手に引き寄せ必要なことしか選択してこない。

大人になった先に勉学が必要な場合は、勝手に勉強をする時期が来る。

もっというと、勉学に励まずともいろいろなことが重なって、結局必要な進路に導かれる。

やれないのでなく、やっていないのだ。必要がないから。

必要がないことをしない って、本当はお利口さんなのだ。

じゃぁ、バカもあほもいないじゃないか。

自己評価なんて、下げる必要なんてなかったのだ。今からでも、そんな評価はさっさと捨てればいい。真実じゃない。

あなたには、必要なことはほかにある。それは、他人にはわからないことかもしれないのだから。

自分にしかわからないことだから、自分がわかってあげればいいのだ。

ランキングに参加しています!
二つクリックすると、自動でエネルギーが送られます♪
 と にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

LINE追加

無料で学ぶヒーリング潜在能力が10倍になるヒーラー養成講座 序章 無料で学ぶヒーリング潜在能力が10倍になるヒーラー養成講座 序章