なかなか理想の人生になれないのは、あなたと憧れの人を区別したから!?

先日の直感個人セッション で、リーディングと掘り下げている最中にでてきた思い込みで

これ、、、結構みんなもあるんじゃないかー!!!

こりゃブログにかかねば!という気づきがありました。瀕死のノートパソコンを開いては閉じて開いては閉じてを繰り返し、結局、、携帯で書いております。(アプリ入れといてよかった。。)

子供の頃、憧れの女の子っていませんでした?

裕福だったり

すごく可愛かったり

ご両親がとても優しそうだったり

勉強ができたり

スポーツ万能だったり

とにかく、『自分にはない』って思うところを持っている子を、子供ながらにいいな〜〜なんて思ったことはあるのではないでしょうか。

これって、先日の記事「苦手な人を避けられないと思うわけ!」 とジャンル違いのようでもあるのですが

子供の頃って、

自分の置かれている環境(家族)は変えられない=憧れのお友達と同じようにはなれない

と感じ「なんでこんな家に産まれたんだろう?」など自分は不運だと感じた方もいるかもしれません。

この思考が大人になっても潜在意識に残っていたら、どうなるかというと

わたしにはできない

という感覚がつきまといます。

でも!もう子供じゃないですよね。

子供の頃、「選べない」と思った環境は「(今この瞬間は)選べる」ここに気づくことが大事!!

どんなお家で育ったとしても、一歩先の未来は自分で創っていけます。

自分の前に、見えない壁があるように感じる方は、「これは小さい頃の思い込みか〜」とイメージで消し消ししてみてください♪

人のことをいいな〜〜って思う時、ただ羨ましいんじゃなくて

『自分はこうしたいんだな』と、思い替えて下さいね♪

そうすると、嫉妬のエネルギーにはなりません。

周りの『いいな〜〜』って思わせてくれる人々に感謝ですね!

では!

セッションのご予約は公式LINE@からご連絡ください♪

公式LINE@友だち追加

お友達追加するとセッション1000円OFFクーポンプレゼント中!

LINEができない方は
お問い合わせフォームから♪


お客様のご感想はこちら


インスタ始めました♪
Follow Me

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします♪
 と ブログランキング・にほんブログ村へ